1. 薬剤師転職ナビ
  2. 企業での勤務

企業での勤務

薬剤師としての知識を生かして様々な分野で活躍 医薬品、医療機器メーカーでの仕事です。
薬剤師の資格が活かせる仕事、薬剤師としての知識が活かせる仕事が、たくさんあります。

MR (Medical Representative)

MRは、医薬品メーカーの営業のことです。医師や薬剤師など医療従事者に対して医薬品に関する情報提供を行います。
MRというと、営業センスが重要視されがちですが、どの病気にどの位の薬の量を使えば効果があるのか、どのような副作用があるのか、薬剤師ならではの的確な情報提供型営業ができるのです。また、様々なクライアントと接することにより、幅広い知識を身に付けることができます。

勤務環境

薬剤師の資格は必要ないため、文系出身のMRもたくさんいます。しかし、医学・薬学の進歩に伴って知識不足が問題となってきており、薬剤師のような専門知識の高い人材が求められています。企業によっては、公益法人が認定しているMR資格認定資格取得を求めるところもあります。
国内の医薬品メーカーにとどまらず、外資系のメーカーでの勤務も多数あります。

勤務形態

ほとんどが社員採用です。

臨床開発モニター

医療機関での臨床開発試験(治験)が適正に行われるように監視・確認する仕事です。
医薬品の開発には、10年~20年もかかることがあるため、新薬開発の過程の一部を専門の会社へアウトソーシングする傾向が増えてきました。そのため、臨床試験を専門に行う企業での求人が増えてきています。

勤務環境

企業の合併などで外資系の企業も増えてきており、英語などの語学力がある方、または英語を勉強したいという向上心のある方には、非常によい環境です。

勤務形態

ほとんどが社員採用です。