1. 薬剤師転職ナビ
  2. ドラッグストアでの勤務

ドラッグストアでの勤務

地域の医療向上と健康増進に貢献する仕事 薬局(ドラッグストア)での一般薬の販売です。
薬だけでなく、ドラッグストアで扱う様々な医薬品、医薬部外品、介護関連用品、ベビー用品などの管理業務を行います。

商品の販売だけでなく、発注や陳列も行います。
風邪の季節には、風邪薬やうがい薬を前面に出し、花粉の季節にはマスクやアレルギー対策用品を前面に出すなど、季節によって商品の陳列を変えたり、POPを作ったりすることは、売上を大きく左右する大切な仕事です。

また、お客様の症状を聞いて病状を予測して一般薬をおすすめしたり、栄養ドリンクやビタミン剤などのヘルスケアの相談にのったりと、地域の医療向上と健康増進に貢献する仕事です。
薬事法改正にともない、登録販売者試験に合格すれば薬剤師でなくても一部を除いて医薬品の販売を行えるようになりましたが、より専門性の必要とされる業務なのでドラッグストアでの薬剤師の求人は多くみられます。

勤務環境

ドラッグストアは営業時間がさまざまで、開店時間が10時、閉店時間が24時と遅いところもあるので、シフト制のところがほとんどです。
薬剤師としての仕事だけでなく、店長としてお店の運営を任される場合もあります。
調剤薬局と併設しているところもあります。

勤務形態

パート勤務、正社員勤務があります。